30年ぶり映画化の「赤毛のアン」観ました

なんか今年は、懐かしい作品に触れる機会が多いな~。
先日の「ベルサイユのばら」(日記はこちら)に続いて…。

今になって新しい映像の「赤毛のアン」に触れることになろうとは!!

もう、あとは「ガラスの仮面」の新刊が出れば完璧だな。(´▽`*)
美内先生、頑張って早く描いてください!

あ、違う違う。
赤毛のアンの話でした。
あ、「赤毛のアン」ファンのほっぺるふぃん管理人です、こんにちは~。

今年は、30年ぶりの新作映画「赤毛のアン」が公開されましたね。
2017年5月6日に。

劇場公開から3週間も経ってやっと先週観に行ってきました!
梅田でさえ、もう1日1回しか上映されなくなってる…。
私にとってはそうじゃないけど、一般的にはマイナーな映画なんだな。

観る前に、いくつかのレビューを見たところでは、原作ファンや30年前公開の映画ファンの方の中には、低め評価の方が多い印象でした。

そう、私も「赤毛のアン」ファン。
特に30年前公開の映画=「ミーガン・フォローズ主演の映画の赤毛のアンシリーズ」のファン。

もちろんNHKの朝ドラ「花子とアン」も全話欠かさず観ましたけどね(笑)。


連続テレビ小説 「花子とアン」完全版 Blu-ray-BOX-1【Blu-ray】 [ 吉高由里子 ]

「花子とアン」は面白かったね~。

花子がアン・シャーリーの台詞「はなこと呼んでくりょ」とか、アンのように学校で、あさいちの頭に石板を叩きつけるとか、NHKもやってくれるな~っ!!と思って嬉しかった。

でもそれはそれで嬉しかったけど、花子はアンではないからね。
今回公開の新作映画は、当然のことながら、アン・シャーリーそのものが別人になる。
マリラもマシューも新しくなる。

受け入れることができるのか?

もしかして楽しめないかも…。
と、ちょっぴり不安でした。

でもその予想は外れました。

映画館で観れてよかったです。

感想、ひとことで言うなら、予想より良かった!!
楽しめました。

今回のアンも魅力的でした。

アン・シャーリーは本当に魅力的。

もしかしたら誰が演じても素敵な女の子じゃないか?と思ったくらい。

私がアン・シャーリーに初めて会ったのは、1988年「続・赤毛のアン アンの青春」が公開されたときに、映画館で観たのが初めての出会いでした。
私は20代でした。
その頃はまだ独身で「アンの青春」のときのアンに近い年齢だったので、当然アン目線で観てました。

でも今回、自分がマリラ目線で観ていることに、観ながら気が付きました。
残念ながらマリラに近い年齢になっちゃったからね。

マリラのように?
マシューのように?
この小さなアンシャーリーが可愛いと思った。
手放したくないと思った。
私も(笑)。

マリラがアンを引き取ることにしてくれてほんとに良かった。

もちろんストーリーは知ってました。
結果がどうなるかわかっていました。

でもやっぱ泣けるのでした。

80年代の映画のほうが好きなところ。
今回の映画のほうが良いと思ったところ。
どっちもありました。

そりゃ、
どっちが好きか比べたら、
とか、
どっちか選べと言われたら…言わずもがなです。

が、それはあまり意味がないことですね。

新作が公開されることで、旧作が再び脚光を浴びることもあるだろうし。。
私みたいに、久しぶりに昔の映画を思い出して喜べる人間もいる。

その私が持っているお宝は↓こちら。
「ミーガンフォローズ主演映画の赤毛のアンシリーズ3部作」のDVD BOXでございます。v(^^)v

『赤毛のアン 特別版』『赤毛のアン アンの青春 特別版』『赤毛のアン アンの結婚』を収録したDVD劇場公開特別版の3部作で、ブックレット(劇場版パンフレット縮刷版)も入っていま~す。
ブックレットはDVDケースの大きさに合わせた縮小サイズなのが残念だけど、「アンの結婚」しかパンフレットを持っていなかったので、3作分が1冊に収まっていてありがたいのです。

写真を撮るために久しぶりに棚の奥から引っ張り出して、ついついブックレットを見直すと、気持ちは一気に昔に戻りますね~。

やだぁ~っ!( ;∀;)
アンとマリラ。
それだけでも、充分泣けるやつだ~。

これって、歳のせいですか?(;’∀’)

やっぱお顔を見るとアンはミーガンで、マリラとマシューもこのお二人しか考えられない。

おやおや、さっき今回の映画も良かったって言ったばっかりなのにね。(*´з`)

DVD見直したいなぁ。
一刻も早く見直したい。
見直したいけど、見始めると途中でやめられない気がして、恐ろしくて見直せない。
だって3本合わせるとすっごい長いんだもの。。

あ、そうそう、
赤毛のアンのDVDBOXは発売元?販売元?が変わったんですね。
今販売中の物はこちら↓です。


赤毛のアン DVD-BOX

この中にはなんと、日本未公開の「赤毛のアン 新たな旅立ち(主演バーバラ・ハーシー)」も収録されているとのこと!
この作品、見たことがないわ。
アン役がミーガン・フォローズではないけど、ちょっと見てみた~い。
できるだけ安価に観る方法考えなくちゃ~。。

関連本↓こんなのも持ってます。

村岡花子さん訳の赤毛のアン [ ルーシー・モード・モンゴメリ ]を昔読みましたが、松本侑子さん訳の赤毛のアンも読んでみたいですね。


赤毛のアン [ ルーシー・モード・モンゴメリ ]

以前読みました↓「赤毛のアン」に学ぶ幸福になる方法 (講談社文庫) [ 茂木健一郎 ]

赤毛のアンに学ぶ幸福になる方法

紹介しつくせないほど関連本はいろいろ出てます。
それだけ、アンが私たちにとって魅力的な女性だと言うことでしょう。


花子とアンへの道 [ 村岡恵理 ]


赤毛のアンのプリンス・エドワード島紀行 (楽学ブックス) [ 松本侑子 ]

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ