第10回大人の塗り絵コンテスト展覧会

今日まで開催していた「第10回大人の塗り絵コンテスト展覧会」大阪展に行ってきました。大阪展と言っても、会場は大阪じゃなく西宮でしたけど~。

IMG_2509

私も何冊か「大人のぬりえ」持ってて、この日記にも、恥ずかしげもなく自分のつたないぬり絵作品を載せたりしています。ちょこっとだけですが、大人の塗り絵ファンの「はしくれ」ではあります。

が、それにしても、もうコンテストが10回目ってところにまず驚きました!!

IMG_2511

10回目にして今回初めて展覧会に行きました。
と言うか「大人の塗り絵」のコンテストがあるってことも、10回目にして初めて知りまして、大人の塗り絵ファンとか言って、誠にお恥ずかしい限りです。(*´Д`)
展示作品の中には、80代~100歳超えの方の作品もありました。
うーん、先は長いぞ!

ささっと見て帰るつもりで行ったら、思った以上に、展示作品数も多く、中でも受賞作品は恐ろしく素晴らしい力作揃いで、ほんとにびっくりしました。色鉛筆の方が多かったけど、水彩色鉛筆や水彩絵の具の方も多く、中にはサインペンやボールペン、マニキュアやラメなど駆使して塗ってらっしゃる方もいて、何でもアリ!なのがまた面白いな~と思いました。

あ、そうそう、会場には、体験コーナーや塗り方のコツ伝授みたいなコーナーもありましたよ。
コツのなかでひとつだけ覚えて帰りました。

それは、下塗りをすること!

人物でも、植物でも、風景でも、下塗り大事みたいですね。
全然知りませんでした!!

例えば「バラ」の下塗りの仕方。
バラの葉っぱを塗るときの説明では、数枚ある葉の中の1枚の葉は、黄色で下塗り、他の1枚を青で下塗り、その他の葉を緑で下塗りしていました。その上にさらに緑を重ねて塗っていき、完成作品を見ると、下塗りの色によって、完成時の葉の色が、一口にグリーンと言っても、黄緑っぽいグリーン、青緑っぽいグリーン、暗いグリーンと言う風に、微妙に違って見えるんだと言うことがわかりました。

人物画の場合、顔を最初に薄いグリーンで下塗りしていましたねー。
お化粧の下地クリームみたいだなって思いました。

1時間ほどで会場を後にしましたが、もっとゆとりをもって行けば良かったです。そうすれば、体験コーナーでぬりえをしたり、上手く塗るコツを隅々まで読んだりできたんですけどねー。時間がなくて残念でした。

第11回も予定されているようなので、次回はゆとりをもって行きましょう!!
いや、いっちょ、コンテストに応募してみるか???

IMG_2513

応募期間は2016年9月1日~12月1日必着です♪
ちょっとどうですかぁ、皆さん!!

あ、それと、第10回の展覧会は終わりましたが、下記公式サイトで、入選以上の全作品が、明日から見れるそうです。
ご興味ありましたらどうぞ~。

→ 大人の塗り絵クラブ公式サイト

水彩色鉛筆、欲しくなっちゃった(笑)。
ってことで、大人の塗り絵、すぐに始められる画材付きBOX、いろいろ↓ありますね。


大人の塗り絵 クーピーBOX〔花・フルーツ・風景・鳥の選りすぐり名画13点〕 大人の塗り絵シリーズ


大人の塗り絵 水彩色鉛筆BOX


大人の塗り絵 クレパスBOX

まんまと踊らされる。。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ