小説「君の名は。」とAnother Side(角川スニーカー文庫)版を読み比べてみた

良い歳して、めっちゃ流行に踊らされている、ほっぺるふぃん管理人です、こんにちは。(;^ω^)

今や社会現象とまで言われている「君の名は。」。

映画『君の名は。』は興行収入が150億円を突破したそうで、その原作本=新海誠監督執筆の『小説 君の名は。』も、ミリオン達成!100万部突破だって、なんかすごい勢いですね、よくわからないくらい。

ま、その、100万分の1が↓ここにあるわけです(笑)。

img_3498

先日の映画鑑賞(当時の日記はこちら)のあと、映画をリピートしようかとちょっと真剣に考えてしまったんですね。

で、「君の名は。リピ」とかでググっていて、小説のAnother Side(角川スニーカー文庫)版があることや、「リピートするなら、アナザーサイドを読んでからリピすべき」とか言うレビューを見つけました。

あ、なるほどねぇ。

アナザーサイド読むなら、原作本ももう一度読んで、映画でもしかして自分の中でスルーしてた部分とか復習すべきかな?と考えたりして。早速、原作小説「君の名は。」とスニーカー文庫版の加納新太著「君の名は。Another Side」を購入。

どっちも文庫本と言うのがありがたいねぇ。
ハードカバーは重いし、場所取るし、お高いし(笑)。

はい、読んでみました。

どちらも、さくさく読みやすいし、ストーリーの先が気になって、それぞれ1~2日で読み終えてしまった!映画を見たのだから、そもそも物語の結果は知っているのに、何なんでしょう?この魅力は…(笑)。

続けて読んだので、読み比べしよう!と思ったわけではないけれど、自然に比べてしまいますよね。

私は「映画」→「アナザーサイド」→「小説」の順でした。

ちょっとした感想を。
アナザーサイドは、まず、「とても面白かった」です。

映画にない、と言うか、映画の後ろに隠れたストーリー。
映画を見てからでないと面白さがわからないと思いますが、映画をご覧になった方なら、絶対お薦めです。数百円で世界がぐーーんと広がります(笑)。

特に、三葉の両親の出会い・別れ。そして映画で描かれなかった、町長である父がなぜ皆を避難させることができたか、の、理由が、感動もんです。( ;∀;)
このお父さんの気持ちをわかったうえで、もう一度映画を見てみたい!と思わされるんです。

なーーんて、商売上手!( *´艸`)
(あ、ごめんなさい。悪気はないです。ほんとです。)

後で、新海監督版の小説を読んでて思ったのですが、加納新太さんのほうが文章が小説家っぽいと思いました。いや、作家さんなので「っぽい」はおかしいですね?
三葉の身体になった時、瀧君が三葉の胸を揉む(笑)シーンが、出てきますが、原作版とアナザー版、ちょっとした表現の違いがおもしろ~って思いました。

社会現象って言われてますが。。

こんな↓おもちゃが売れてるそうで。


KUMIHIMO LOOMY DX

「クミヒモルーミー」商品名も可愛いですね。
最近のこういったおもちゃは、おもちゃと侮るなかれ。
アマゾンのレビューによると、簡単にできて、出来上がった作品は、かなり立派だそうですよ。

ハンドメイド好きとしては要チェックでしょうか。

本屋さんの手芸コーナーでも、早速こちら↓の本見つけました。


かわいい組ひもの教科書: はじめてでもかんたんにつくれる 50通りの組み方とアクセサリーのつくり方

普段なら「組紐」なんて、よく探さないと見つからないでしょうに。
最近は良く見える位置に平積みされてるしな~。

世の中、何が幸いするかわかりません。
ブームって、なんか、こう、よく言えばありがたい。

でもちょっと怖いかも~~。

どっちかいうと、ミサンガのほうが馴染みやすかったですよね、今までは。


刺しゅう糸でかんたんはじめてつくるミサンガ (Heart Warming Life Series)

ミサンガで、思い出した。
ちょっと前の話で恐縮ですが、ドラマ「仰げば尊し」でもミサンガ、出てきましたね。


仰げば尊し 美崎高校吹奏楽部のバラード (部活系空色ノベルズ)

あ、君の名は。の話してたんだったわ。(;^ω^)

ミサンガも可愛いですが、今回、日本の伝統工芸のひとつである「組紐」にスポットライトが当たって良かったと思います。

本格的に始めたい方はぜひ↓。


日本の伝統工芸 組ひも器具セット

私は組紐はやったことないですが、叔母手作りの「組紐の帯締め」をもらった記憶が…。

もう一度見たいのはやまやまですが。
映画館に行くか、DVD出るまで待つか、悩むなぁ。。


君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)


小説 君の名は。 (角川文庫)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ