茅木真知子さんの本から、スタンドカラーのコートワンピース

梅雨入りしてから久しぶりの雨。
大雨の朝です。
更新も久しぶりになってしまいました、ほっぺるふぃん管理人です、こんにちは。

茅木真知子さんのソーイング本はたくさん出ていますが、その中の1冊「私の好きなシャツスタイル」。


私の好きなシャツスタイル―my favorite shirt

この中からワンピース縫おう!

本の作品は無地でスカラップ刺しゅうの入ったリネン生地。
かたや、私が縫おうとしているのは、この大柄の派手派手生地(笑)。

顔は地味系なのに、こういう派手派手柄が似合ってしまう不思議な我が娘。
彼女のリクエストです。

この布は、去年?いやおとどしだったか、大阪大丸にあったユザワヤ心斎橋店が、移転のため閉店セールしていた時に買った激安生地。
8割引きだったのよ~。
その時点では何を縫うか決めていなかったため多めに買っていました。
柄合わせも心配なくできるように。

参考にしたのは、この本の中から2作品の良いとこ取り。
このスタンドカラーのコートをベースに、丈を伸ばして、袖は7分袖に変更して、袖口はゴムシャーリング。

袖はこちら↑の左のワンピースを参考にしました。

製作途中。
柄合わせ、大丈夫そう。

スタンドカラー付け終わったところ。
スタンドカラー、めんどくさい(笑)。
けど、かっこいいか。

柄があって見にくいですが、前にも後ろにもピンタック入っています。

完成後。

前を閉じてワンピースに。

開けて羽織るとコートに。

予想通りの派手さ。

ですが、可愛いというか、モダンというか。
なかなか良い感じですね。

着用画像はまだ撮れていないので、撮ったらアップしたいと思います。
コーディネートは娘に任せよう。

それにしても茅木真知子さんの本は素敵。
流行も緩やかに追っているんだけど、基本は不変スタイル、みたいな。。

でも私が持っているのは、たった2冊。


私の好きなシャツスタイル―my favorite shirt」と「いつまでも好きな服

なぜかな?
いつも本屋さんで見るんですよ。
買おうか買わまいか悩んで、結局買わないというのが多かった気がする。

なぜかな?
茅木さんのデザインは、きちんと系が多いからかな。
縫うのが難しそう、とか、よそ行きの服、とか。

「いつまでも好きな服」はかなり古い本。Amazonで見たら1992年発行となっていました。ってことは、25年ほど前の本ですが、ちょっとレトロなのもおしゃれって感じで着れそうと思って、1~2年前に買いました。

最新刊はこちら↓。


いつか着る服、いつも着る服 [ 茅木 真知子 ]

ベスト盤みたいな、ホームクチュールセレクション↓。


茅木真知子ホームクチュールセレクション 23冊のソーイングブックから [ 茅木真知子 ]

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ