ギンガムサッカー生地でキャミソール

ギンガムサッカー生地のはぎれが70cmくらいありました。
で、切り替えギャザーのキャミソールにしてみました。

キャミソールは用尺が少ないのがイイですね。
これっぽっち、何に使おう?
と思っていた生地も形にすることが出来て良かった~!

ギンガムサッカー生地の切り替えギャザーキャミソール

見返しではなく、市販のバイヤステープ始末です。
飾るのに、細い綿レース、山道テープ、ハートのボタン使用してます。

山道テープで、ミシンで縫い付けただけの「なんちゃって前立て」にしました。

型紙は、ガーゼのやさしい服のキャミソールを使いました。

この本では、切り替えの上部分だけボタン開きのデザインです。
が、脱ぎ着のしやすさと、部分開きより全開のほうが可愛いので、全開に変更。

出来上がったところで、娘に試着してもらいました。
すると、、
「中にTシャツやタンクトップを重ね着したいから、肩ひもがもっと長いほうが良い」
ってことで、ひもだけ、本の指定サイズより15cmくらい長く作り直しました。

直す前の肩ひもでは、かなり短かかったです。

ひもを作り直したことで、余っちゃった短いひもでリボンを2つ作りました。
ブローチピンを付けて、胸の位置にとめてみました(上の写真)。
胸のリボンでは、可愛すぎ?
じゃあ…ってことで、

手作りキャミソールと、市販のパンツ

先日の黒地にドット柄の付け替えリボンを付けた白いパンツに、このリボンを付けてみました。
どうでしょう?
いろいろ着回しできるかな~。

*参考にした本


ガーゼのやさしい服―ふんわりやさしいガーゼの服を手作りしましょ (レディブティックシリーズ no. 2548)

・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加しています。
お気に召されたら応援よろしくお願いいたします。
→→ にほんブログ村 ミシン
(いつも応援ありがとうございます)

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ