「与勇輝–人形芸術の世界–」展

今朝、岡山高島屋に「与 勇輝–人形芸術の世界–」展を見に行ってきました。

今日はたまたま与勇輝(あたえゆうき)さんのサイン会があったんです。
それを知らずに行ったから、びっくり!
会場の入り口は大行列でした。
それもそのはず、着いたのがサイン会の30分前だったんだから。

私はお人形、特に、与勇輝さんのお人形はとても好きです。
リアルなお人形は苦手な方も多いかも?
と思いますので、苦手な方にはごめんなさい。

与勇輝さんのお人形展を初めて見たのはもう5~6年前になりますか。。
前回、岡山で展示会があったときに初めて見に行って以来今回2回目です。
その時と同じ作品が来るのかな?
と思ってたら、2005年2006年の新しい作品がたくさん展示されていました。
超ラッキー!!

与さんのお人形は何とも言えない愛らしさがありますよね。
見るだけでほのぼのした気持ちにさせてくれます。

後姿でさえ微笑まずにいられない~。

でも、できることなら手にとって触れてみたいなぁ。。
一度でいいからさぁ~~。

細かい手仕事。
ガラスケース越しにもわかります。
でももっともっと間近で見てみたい!
衣装をめくって見てみたい(笑)。
作り手のハシクレとしては。。

でも…実際触ったら、ガードマンに速攻連れて行かれることでしょう。

与勇輝さんのお人形カレンダー

卓上カレンダー↑をお土産に買ってきました。
来年はこのお人形たちを見て癒してもらえそう~。

どのお人形も細かいところまできっちり作られています。
顔の表情はもちろん、足の指の形や着物のすその風に揺れているところにまで神経が注がれているのがわかります。。
ぞうりや革靴、かばんなど小道具なんかもまるで本物みたいでした。

ひととおり見て回ってから出口のところで、サインされている与勇輝さんの姿もちらっと見ることができました♪
サインはしてもらわなかったけどしっかりお顔を確認。

わわっ!本物だ~っ。
何度かテレビで見たことがある人と同じだった…(笑)。

略歴を見たら昭和12年生まれ。
そんなお年に思えないほど若々しい優しそうな「おじさま」でした。

目の保養、心の保養をさせてもらいました♪


与 勇輝 (別冊太陽 スペシャル)


神様のかくれんぼ―与勇輝人形絵本 (文芸シリーズ)


瞳 (No.1)

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ