住宅街にひっそり建つ、笹倉鉄平ちいさな絵画館

台風で2週連続雨の日曜日。
いかがお過ごしでしたか?

出かけるにはちょうど良い季節なはずなのに、週末に雨ばっかでいやになってしまいますね。
買い物にショッピングモールに行ったら、行きも帰りも、渋滞。
っつーか、駐車場から出ようとするだけですでに大渋滞。

あ、さて、ブログ、ちゃんと更新します。

早速ですが、先月からブログの更新を滞らせていたんですけど、そんな間に、出かけてきた小さな美術館をご紹介しようかと思います。

芸術の秋だしね。

どこか近場で、遊びに行けるとこがないかと検索していて見つけた「笹倉鉄平ちいさな絵画館」に行って来ました。

画家、笹倉鉄平さんの個人美術館です。
兵庫県西宮市にあります。


くるり西宮・芦屋・東灘・灘+山っかわ海っかわ 大好きな街で優雅に過ごす大人の時間 (Kururi City Guide) [ ウエストプラン ]

この美術館、我が家からも近く、車ですぐそばを通ったことも何度もある、行動範囲の中にあったんです。
なのに、その存在をまったく知りませんでした。

と言うのも、大きな通り(国道171号線)からは建物の2階部分は見えているのですが、まるで普通の民家のようで、気が付かなかったんですよね。

大通りを右折して、次にすぐに左折したら、もう目の前。
こんな可愛い看板が迎えてくれます。

「ちいさな」と名前に付いています。
その名の通り、ほんとにちいさくて、建物もエントランスもとても可愛いです。

絵画館の公式サイトはこちら → 笹倉鉄平ちいさな絵画館

さてさて笹倉鉄平さんって、ご存知ですか?

私は、笹倉鉄平さんの絵は、恥ずかしながらジグソーパズルでしか知りませんでした。

ジグソーパズル自体、昔からとても好きなんです。
で、買うつもりもないのに、ジグソーパズル売り場を見つけると、つい眺めることもしばしばです。

そんな時によく見かけて、笹倉氏の絵柄がとても好みに合っているなと思っていました。

でもジグソーパズルをやり始めると、完成するまでやめられない人間なので、それがわかっているので、最近は、もうやり始めないことにしています。
哀しいな…。
1日30時間いや、もっとあれば、ね。
ジグソーパズルもできるかもしれないんだけど。

ちなみに笹倉さんのジグソーパズルは↓こんな感じです、素敵でしょう?

笹川鉄平さんが兵庫県出身なことも今回訪れて初めて知りました。

こちらの「ちいさな絵画館」は、展示スペースが狭いこともあってか、季節ごとに作品を入れ替えた企画展と言う形で展示されています。

それぞれの企画テーマに沿った作品が選ばれて、展示されており、どうやら年に4回入れ替わるようです。
入場料大人300円なので、季節ごとにちょこちょこ行くと良いなと思いました。

企画テーマに沿った展示作品のほかに、作品集も何冊も見ることができますので、300円では申し訳ないくらいです。

私が行った時のテーマは「色々な『画材』の絵」ということで、水彩・カラーインク・油彩・色鉛筆・クレパスなどを使って描かれた絵を見ることができました。

現在は、12月24日まで「『心癒される』色々なシーン」と題して、心がほっこり温まる作品が展示されているそうです。

季節柄、来年用のカレンダーも販売されていて「11月になったら早い時期に売り切れるかも」と言われたので、作品集代わりに、自分用のお土産に買ってしまった~。

フィルム印刷になっているので、1枚ずつに切って、ガラスに貼ると、光を通して美しいんだそうです。

新しい年になる=また歳を取る、と脳内で直結するので、来年なんか永遠に来ないでよ!と普段は思うのに、今は、2018年が来るのが、ちょっと楽しみになりました(案外、気持ちの切り替えは簡単なんだよな)。

絵画は好き。
美しい絵を見るのは楽しい。
本当は描いてみたいくらい、絵が好き。

特に風景画が好き。
風景画の中でも建物がある風景が好き。

あー、またどこか美術館行きたい。

あ、そうだ!
近いところ(時間的に)では、12月~開催予定の、「ジブリの立体建造物展」に行こうと思っています♪

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ