ミシン部屋

こちらでご紹介しているミシン部屋は、2016年6月のミシン部屋、2015年9月のミシンコーナー、2012年夏まで岡山県倉敷市に住んでいた当時のミシン部屋の様子をご紹介しています。

管理人のミシン部屋紹介(2016年6月追記)

IMG_2878

下記2015年当時と同じマンションですが、一部屋空いたので、ミシンコーナーから、広く明るいミシン部屋にランクアップ☆彡しました。
詳しくは、ブログ記事へ。違う画像もあります。

管理人のミシン部屋紹介(2015年9月当時)

IMG_1135

狭い3DKのマンションの中、1畳分に無理矢理おさめたミシンスペースですが、部屋の隅を使っているので、意外にも居心地が良かった!という喜び(笑)。
詳しくは、ブログ記事へどうぞ。。違う画像もありま~す。

管理人のミシン部屋紹介(2012年以前)

ミシン部屋画像1

部屋の中央に置いた大きいテーブルがミシン台兼作業台です。
大きいのでとっても重宝していますが、ミシン台用に買ったわけではないのです。
皆さんの想像通り、ハイ!昔、我が家の食卓として使っていたテーブルです。食卓セットを買い換えた時、捨てずにちゃっかりミシン台にしてしまいました。簡単リサイクルです♪

中央の大きな机以外にもミシン部屋にはもうひとつ机があります。上の写真の奥の窓の下に置いてあるのですが、見えませんね。下の画像はその窓下の机の様子です。

ミシン部屋画像2

この机は、食卓をミシン台として使うよりも前に、ミシン台にしようと思って買ったんですが、失敗しました~。作業するには小さくて不便なうえに、天板が薄くて「ひ弱」すぎだったんです。
この机の上でミシンを勢いよく「ダダ~~ッ」とかけると、机がゆらゆら揺れちゃうのです。我慢しよう!と思ったけど、やはり安定しないと縫いにくいものですね。天板も足もしっかりした作りの机じゃないとミシン台には向かない…と実感しました。

ミシンは案外重いんですよね。

そう「ミシンは重い」で、思い出しました。

ミシン本体について、言えることですが、軽すぎるミシンはパワーもないし、安定感がなくて縫いにくいです。
話がそれちゃいますが、皆さんもミシンやミシン台をお求めの時にはご注意を…。

ミシン部屋画像3

この画像は、ミシン作業中の様子です。

職業用ミシンを使う時は椅子に座って、ロックミシンとアイロンを使う時は立って…。
と、言った具合に、この作業台の周りを製作中の作品を持って、あっちへ行ったりこっちへ来たりしながら作業してます。

ちらっとしか写っていませんが、アイロン台は立って使うタイプのものを使っています。アイロンがけの時、私は座るより立っているほうが楽なんですよね。
このアイロン台は高さが調節できることもあり、アイロンをかけている時以外にも脇机的に使えるので役立ってます。ミシンを使っている時に、製作途中の作品を置いたり、印付けや待ち針付けの作業台代わりにすることもあります。

愛用のアイロン台は何度かカバーを交換しながら大切に使っています。一番最新のアイロンカバーの交換の様子をブログで紹介しています。

ミシン部屋画像4

はい、次の画像は在庫布を入れた押入れの中の様子です。
この機会に布をひとまとめにしてみたら衣装ケースに6杯+ダンボールに4箱(写ってない)ありました。

在庫しすぎだろ~っ!!と大いに反省し「布は、すぐ使うもの以外今後は買いませんっ、これ以上増やしませんっ」と心に誓ったのでした。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ